スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つながっている!!・・・ジェンダーの視点から

こんばんは。とんとんです。
 
男女共同参画という言葉から皆さんはどんなことをイメージしますか?

「男女共同参画なんてきらい!」という人も多いようですが、その人たちは、どういうことをこの言葉から連想するのかなぁ~と興味があります。


 女(男)に生まれたことに生きづらさを感じる人と、特に疑問も持たないで自分の性を受け入れている人と、今の社会に満足していて、男女共同参画が、「男性性」「女性性」を否定していると感じている人とさまざまだと思います。

 しかし、国会議員も市会議員も男性の方が圧倒的に多いのは何故なのか?妻は夫のことを「主人」と呼ぶ人が多いのは何故なのか?と一人ひとりが考えてみることは大事だと思います。

 
 日本では1945年に婦人参政権を認めてから65年経ったけれど、世界では、まだまだ女性に選挙権を認めていない国があるようです。

 私の遠い親戚のおばさんは、今年85才になりますが、勉強がしたくてたまらなかったけれど、父親から「女に学問はいらん。生意気になって嫁のもらい手が無くなる」という理由で小学校しか出してもらえなかったそうです。母親が必死で頼んだけれど、昔は、家制度があり家長の言うことは絶対だったのでどうにもならなかったのだと言っていました。

 
 現代は、豊かな時代になり、なりたい自分になれる社会になったとはいえ、幼い頃から刷り込まれている価値観により自分で自分を縛る(葛藤)や自分らしさに罪悪感を感じたり、自己肯定ができなかったりということの原因になっていると思います。


 ここで、ドーンセンターが出版している女性相談の手引きの中の一文を引用したいと思います。あれっ?これって不登校の子どもと共通するんじゃない?ときっと感じると思うんですが・・・。


 そして、私は、不登校の問題が人権問題なのだとすごく納得できました。子どもの人権は、女性の人権という問題よりさらに遅れています。「子どもに人権なんか教えれば、生意気になって大人の言うことをますますきかなくなる」ということをいう人がまだまだ多いですから。

 
  Dawn Hand Book 1
  女性のための相談事業ハンドブックより


―女性の場合、社会的な役割期待から子どもや夫、夫の両親など、周囲の期待に応えることを優先するために、「自分の願望は何か」など、自分自身の内面に目を向けてこなかったという例が多く見られます。自分がこれからどうしたいと思っているのかわからなくなったり、自分自身の気持ちを抑えたり、挫折を繰り返す中でうつ状態になっている場合などを含めて、女性の置かれている状況をよく理解しなければなりません。

【相談者の自己決定を尊重すること】

悩んでいる人が、その悩みをありのままに話すことができ、自分のことばで自分の気持ちを語ることができるようにになったら、自分はその状況をどのように乗り越えたいかが少しずつ見えてきます。

 (略)

 これまでのカウンセリングでは、「ありのままの相手を受け止める」というカウンセリングの基本があっても、次のステップでは、当人の成長という名のもとに、従来の心理的枠組みに沿って「正常」に戻るよう「適応」に向けての心理的援助をすることが当然とされてきました。結局は、ジェンダーの規範に沿った役割がとれるような方向付けでカウンセリングがなされることが多かったのです。これらの女性相談では、このような誤りに陥ることのないよう、最大限の注意をはらわなければなりません。


 
 大人たちが、子どもたちの声に「耳を澄ます」 ことができたとき、子どもたちは、心の奥深くまで語ってくれると思います。
 9月11日、12日の両日に「子どもたちの声」を聴く内容を入れてありますが、そこにこそ子どもたちの生きづらさの本質を知り、親や学校、地域がどう変わっていけばよいのかを知るヒントが詰まっているという、いわば、つどいのプログラムの要でもある重要なコーナーだと思います。

 いよいよ、県下各地への広報活動がスタートします。
報道機関の方々のご協力も得ながらも、心を込めて口コミで、一人ひとりの方につどいにお誘いしていきたいと思います。

     


 
 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

県民の会会員

Author:県民の会会員
2010年9月・2011年10月と長野県塩尻市で開催された『不登校を考える県民のつどい』。第3回は2012年12月8日(土)松本あがたの森で開催。第4回は2013年11月24日(日)松本大学で開催です。
ながの不登校を考える県民の会の活動の様子をお届けします!!

最新記事
カテゴリ
「考える」仲間!!
「不登校を考える県民のつどい」の長野県の仲間のページ
メルマガ(無料)登録
 実行委員会からメルマガ(無料)を配信します。    ご希望の方はこちらから登録をお願いします。
ブログランキング
ランキングに参加してます。 1日1クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
最新コメント
つどいサポーター登録
チラシの配布やちょっとしたお手伝いをしてくれる方を募集しています。 長野県に「つどい」の気持ちを広げましょう。
実行委員登録用メールフォーム
実行委員登録はこちらからどうぞ!
県民の会へのお問い合わせ
返信が必要な場合はメールアドレスか連絡先をご記入ください
月別アーカイブ
フリーエリア
長野県情報カプセル!スペースファン
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。