スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回つどい座談会・9・不登校の経験を通して

座談会9番は「不登校の経験を通して」です。

この座談会では、まず不登校経験者の子ども・若者の話を聞き、そこから感じたことをシェアしあうといった形で進行をしていきます。主役は、不登校を経験した子ども・若者。彼ら彼女らの、これまで・今・これからについての話を聞くことで、子どもを真ん中に置きながら不登校の時間を支えるということを考えていきます。

経験者の子ども・若者は、県内から2名、県外から2名の計4名です。男性が3人、女性が1人、それぞれお話をしてくださいます。不登校を経て特色ある高校に通う子ども、通信制サポート校に通う子ども、そして成人して働くようになった若者が、それぞれの経験や思い、いま伝えたいことを語ってくれます。

司会進行は、長年教師をしながらも、お子さんの不登校に直面し、その後は教師を続けながらも不登校・ひきこもり支援に関わるようになった親が担当します。

子どもの不登校ということに最初に向き合った時、真っ先に心配になるのは将来のことだと思います。進級や進学といった近い将来のことから、働いて生活を成り立たせていくというさらに先の将来のこと、やはり不安も多いですよね。そして不安になる大きな理由には、周囲に不登校を経て育っていった子どもや若者がいないことから、将来のイメージが湧かないことがあると思います。

自分の子どもや周りの子どもが、同じような道を辿って育っていくとは限らない。でも、やはり経験者の話から学べることはたくさんある。その学びは、参加者おひとりおひとりによってちがうと思います。それぞれが感じて学んだ、その何かが、これから不登校を考えていく時には、大きな道しるべとなるのではないでしょうか。

ミィ

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

県民の会会員

Author:県民の会会員
2010年9月・2011年10月と長野県塩尻市で開催された『不登校を考える県民のつどい』。第3回は2012年12月8日(土)松本あがたの森で開催。第4回は2013年11月24日(日)松本大学で開催です。
ながの不登校を考える県民の会の活動の様子をお届けします!!

最新記事
カテゴリ
「考える」仲間!!
「不登校を考える県民のつどい」の長野県の仲間のページ
メルマガ(無料)登録
 実行委員会からメルマガ(無料)を配信します。    ご希望の方はこちらから登録をお願いします。
ブログランキング
ランキングに参加してます。 1日1クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
最新コメント
つどいサポーター登録
チラシの配布やちょっとしたお手伝いをしてくれる方を募集しています。 長野県に「つどい」の気持ちを広げましょう。
実行委員登録用メールフォーム
実行委員登録はこちらからどうぞ!
県民の会へのお問い合わせ
返信が必要な場合はメールアドレスか連絡先をご記入ください
月別アーカイブ
フリーエリア
長野県情報カプセル!スペースファン
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。