スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回つどい座談会・8・子どもの権利といじめ・不登校

座談会8番は「子どもの権利といじめ・不登校」です。

いま県内では、長野県をはじめ松本市などで「子どもの権利条例」の制定をめざす動きがあります。また民間でも、各地で子どもの権利条例づくりを目指す活動や、実際的な子どもの権利擁護といった分野で、様々な方が子どもたちのために動いています。

2012年は、いじめの問題がとても大きくクローズアップされた年でした。いじめ自殺という悲しい出来事がきっかけで一時的に世論も盛り上がりを見せましたが、いじめの問題をどう考えていくか、いかにして子どもたちの権利を守り子どもの育ちを支えていくか…といった部分までは、なかなか議論が発展していきませんでした。

いじめられている子どもが苦しく悲しいのはもちろんです。でもいじめという出来事は、いじめを目の当たりにする他の子どもたちにも、そしていじめている側の子どもたちにも、暗くて重たい衝撃を与えるものだと思うのです。不登校の背景にいじめが隠れていることも少なくなく、学校に行かないことでいじめが終わった、だから解消した、それでOK…とは言えない現実もあります。いじめられた子どもたちは、いつまでも「いじめられた自分」の人生を生きなければなりません。

12月6日には「いじめNO!県民ネットワークながの」が正式に発足しました。私たち、ながの不登校を考える県民の会も運営委員として参加させて頂いています。

不登校を考える時に避けて通れないのが「いじめ」。そして、いじめを考える時に大きなポイントとなるのが「子どもの権利」をどう捉えるかという部分です。この座談会では、「CAPながの」の吉池優子さんを司会に、子どものびのびネット会員の佐藤芳嗣弁護士をアドバイザーに迎え、子どもの権利という視点からいじめや不登校を考えていきます。

大人たちの思いや理想に子どもたちをただ合わせて従わせていくやり方ではなく、子どもを真ん中に置いた支えの在り方について、活発な議論ができる座談会になればと思っています。

ミィ

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

県民の会会員

Author:県民の会会員
2010年9月・2011年10月と長野県塩尻市で開催された『不登校を考える県民のつどい』。第3回は2012年12月8日(土)松本あがたの森で開催。第4回は2013年11月24日(日)松本大学で開催です。
ながの不登校を考える県民の会の活動の様子をお届けします!!

最新記事
カテゴリ
「考える」仲間!!
「不登校を考える県民のつどい」の長野県の仲間のページ
メルマガ(無料)登録
 実行委員会からメルマガ(無料)を配信します。    ご希望の方はこちらから登録をお願いします。
ブログランキング
ランキングに参加してます。 1日1クリックお願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 長野県情報へ
にほんブログ村
最新コメント
つどいサポーター登録
チラシの配布やちょっとしたお手伝いをしてくれる方を募集しています。 長野県に「つどい」の気持ちを広げましょう。
実行委員登録用メールフォーム
実行委員登録はこちらからどうぞ!
県民の会へのお問い合わせ
返信が必要な場合はメールアドレスか連絡先をご記入ください
月別アーカイブ
フリーエリア
長野県情報カプセル!スペースファン
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。